グミ

ハード、ソフト、センターインなど、グミを取り巻くトレンドに敏感です。

スターチモールドに充填
さまざまな型や色に対応
スターチをふるい落とし表面処理されたグミ
目視で検品

日進乳業では多種多様なOEM受託にふさわしい、製造ラインを完備しています。異素材を充填するセンターインや果肉混合などの技術に加え、糖衣を融合させる複合技術も確立し、日進乳業はあらゆるニーズに対応できる精度の高い技術力を保持しています。お菓子をはじめ、製薬・化粧品メーカー発のコラーゲン入りや口臭予防用などの機能性菓子も、受託生産を行っています。小ロット生産が可能な体制で、これからのグミ市場を開拓していきます。

製品

品質管理の徹底

高粘度原料を連続的に処理する自信の設備。

高粘度原料を連続的に処理する自信の設備

グミの食感のポイントであるチューイング性は、粘度の高い素材を連続的に処理できる日進乳業の設備と、きめ細かい仕込み技術から生まれます。加熱溶解、減圧濃縮させた原料は、高い粘弾性を持ちながらも自動的にパイプラインに送り込まれ、製造ラインへ届きます。すみずみまで合理化された独自の設備が、高精度で安定した生産を実現しています。


オリジナルのご要望に応える、柔軟な充填機能と精密な管理。

柔軟な充填機能
精密な管理

原料を流し込んで成型する充填設備は、オリジナルのオーダーにきめ細かく対応が可能です。たとえば、中心に異素材を充填するセンターインや果肉混合、また食感や小粒サイズ、多様なご要望にフレキシブルにお応えします。大ロットはもちろん、小ロットの生産に順応する機敏さも持ち合わせています。充填されたグミは、トレーごと乾燥させます。専用の乾燥室はフレッシュな外気を導入しながら、年間を通して恒温恒湿にプログラミングされています。室内は独自の技術によって大容量でも一粒ずつ均一に乾燥することが可能になりました。

一粒一粒に注がれる、厳しいチェックの目。

一粒一粒に注がれる、厳しいチェックの目

乾燥室を出たグミは、スターチの型からはずしてオイルコーティングした後、目視と金属探知機によって選別されます。色調の変化はないか、へこみや形状のばらつきはないかなど、熟練した人の目によって厳しくチェックされます。またロットごとにサンプリング抽出し、硬さや風味などの官能検査、サイズ・水分含有量などの規格検査も実施します。


このページのTOPへ